計画的に借りればカードローンの利用は生活に役立つ?

弟が、バイクを買うという目的で、まだ大学に通う学生の身分にもかかわらず返すあてもないくせにキャッシングでお金を借りていたことがついに親にばれてしまいました。
普段は遠くの大学に通うために実家を出て下宿していたので、キャッシングサービスを利用していた事実を家族の誰もわかりませんでした。
しかし、弟が支払いをきちんと行わなかったせいで親に督促の連絡があったので、すっかりばれたのです。
最終的に親が尻拭いしてくれて、弟の借金は無事になくなりました。
そのかわり、親はかなりご立腹で、弟は気の毒なぐらい怒られていましたね。
お金を借りるのは面倒だなと思っていても、大人になると意外と借金とは縁があるものです。
奨学金や無担保のカードローンはもちろん、ショッピングでのクレジットカード払いも借入のうちに入ります。
お金を借りたら、元本に利息分をつけて返済しなければなりません。
同じ利率なら、返済期間が短いほうが金利負担分の総額が減るので、結局は、早く返すのが一番「安上がり」です。
ローンと現在の銀行の定期預金の金利を比較すると、ローンの金利のほうが高いので貯金するより、ローンの繰上返済をしたほうが現実的で、節約効果が高いのは明らかですね。
普段よく使われるキャッシングとは、金融業者より生活費ぐらいのごく少ない金額に関する融資をしてもらうというケースなのです。
本当ならば、お金を借りたいと思ったら、返済が出来なくなったときを考えて、さまざまな保証が必要となってきます。
ただ、他の性質の借金とは違ってキャッシングというのは非常に面倒になってしまいがちな保証人や、担保の用意をする手間を省いてすぐに現金を手にすることが出来ます。
身分証明書(運転免許証やパスポート、保険証など)さえあれば、余程のことがない限りは貸し付けをしてもらえます。
僕は営業の仕事をしていて、カードローンを使うことがあります。
だからというわけではないですが、「借金」=「だらしがない」という固定概念には問題があるように感じます。
無計画な「借金苦」と計画的な「借金」は同じものではないですよね。
働く女性の場合、周囲と同等レベルにする努力は大変です。
そのような状況で正当な理由があって借りるのですから、だらしないとかみっともないとか言うのはモラハラなのではないでしょうか。
借金を奨励はしませんし自己管理は欠かせませんが、明るい気持ちで利用できるよう、金融業者でもサービスやイメージアップに配慮することが必要な気がします。
社会や家庭を下支えしている人たちに優しい環境作りが大切ですね。

パート・アルバイトは審査通らない?カードローン比較!【審査はどう?】