ETCカードで審査がゆるいところが知りたい?どこがいい?

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を検討する方が多いと思います。

クレカごと解約する方法とETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

手続きが終わるまでに郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなど隠した後に燃えるゴミとして処分してください。

高速を利用するときに便利なETCカードですがたくさんカード会社が存在していて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か紹介します。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月にポイント還元率が通常の3倍になることや、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのはクレカの年会費無料の楽天カードです。

クレカの年会費は無料ですがETCカードには年会費が540円発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額をデポジットとして預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に問い合わせをしなければ照会にわからなくなってしまうので気をつけましょう。

ETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていない場合はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカード機能のみだとダメかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますがデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車載器にカードを挿入する際はカードの向きに気をつけましょう。

カードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由でレーン出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

新大学生など免許取り立ての方の多くはETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にイメージされるクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

車で遠方に出かけるときに便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

参照:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費については大きく分けて3種類に分類され、1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費有料のタイプがあります。

更新費に関しても同様に無料と有料のカードがあり、ポイント還元率が高くなっているなど別の面で優遇されていることも多いです。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生がクレカを作るのはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社が利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。

皆さんは普段、高速道路を通行する際にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引などいろいろな割引を行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞をできるだけ回避して通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカを発行している会社に追加で発行してもらうか新しくクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

皆さんはETC カードを作る際にどういった内容を気にしてカードを申し込みましたか?現在手元にあるクレカ発行元に追加で発行申し込みをしている方や年会費をチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

傾向として、高速道路の利用頻度が少ない方は年会費無料のカード、利用する回数が高い方はポイント還元率やマイレージ特典で選ぶ方が多いようです。

年会費無料カードの中でもカード特典で一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法で支払いをしますか?一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが多くの方はETCカードを使ってのスムーズに通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最大のメリットとして、料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは夜間割引などの料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で料金の差が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、ETCレーンでは割引適用で800円と半額以下になります。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しETCパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。